スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キースジャレットのプロフィール



キース・ジャレットは1945年5月8日生まれのアメリカのピアニストである。ペンシルベニア州のアレンタウンで出生。
神童としてクラシックのリサイタルなどを開いたのち、バークリー音楽院に進学。1965年にアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズのアルバム『バターコーン・レディ』でレコード・デビュー。1970年、マイルス・デイヴィスのバンドに参加。1972年頃よりプログラムの一切無い完全即興(Total Improvisation)によるピアノ・ソロ・コンサートを行うようになる。代表的な活動としてキース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットの組み合わせによるトリオなどがある。「スタンダーズ Vol.1」などのアルバムがとても有名。

活動はジャズやクラシック、コンテポラリー、ソロ、デュオ、トリオ、カルテットetc...と幅広くその作品数は100に迫っている。最新アルバムはクヮルテットによる2枚組『Sleeper-Tokyo April 16 1979
スポンサーサイト

【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート

ザ・ケルン・コンサート
ザ・ケルン・コンサート
Keith Jarrett(1945~)
1975年発売/ECMレコード 1975年1月24日、西ドイツケルン歌劇場のライブ
1.ケルン、パートI  00:26:01 2.ケルン、パートIIa 00:14:54 3.ケルン、パートIIb 00:18:13 4.ケルン、パートIIc 00:06:56
The Köln Concert (Live) - キース・ジャレット


k.jpgメロディーがない?完全な即興(Total Improvisation)とはなんだ

Total Improvisation(トータル・インプロヴィゼーション)の意味がわかるだろうか?

普通のピアニストはまず曲があって。それにアレンジを付け加えて個性を加えたメロディーにしたり。和音を変えてオシャレにしたりしてジャズを作る。しかしキース・ジャレットのこのアルバムは、メロディーがないままピアノが奏でられる。

この行為はほとんどのジャズピアニストには難しいだろう。その証拠に、こうした試みはこのキースがはじめてで、しかもこの高みを誰も乗り越えることは出来ないのがこのアルバム。

この時キースは29歳。この時体調は最悪だったといいます。観衆1400人の中、ベーゼンドルファー(というグランドピアノ)を前にした瞬間、旋律が天から降って来たのでしょう。有名なソレドソラ♪から始まるイ短調のメロディーが流れる。この旋律はパートⅠからパートⅡa~Ⅱcと変化していき、まるでドキュメンタリー映画を見ているかのような情景へと聴くものを運んでくれる。

2.jpgその冒頭はこうだ
part1.png

2.jpgその音はやがてキースの中からまるで不思議な生き物のように生気をおびてきて、うねり始める

part1uneri.png
2.jpgしかもそのうねりはとどまるところを知らない。泳ぎ、飛ぶ。

part1uneri2.png

2.jpgそれはまるで波や風のようであり、その引いては返す景色をただ眺めているだけでその自然の美しさに圧倒されてしまう様と似ている。この動きが純粋に気持よく、いつまでもうねり続けて欲しい感覚に襲われる。

part1both.png

やがて止まっていた左手も動きを始め、両手で弾んだリズムが奏でられる、この時にはもう聴衆はすでにキース・ジャレットの音の世界から離れられない。

この音色、このリズム、このメロディー、いつまでも聴き続けたいこの音楽にただ引き寄せられるしか術はないのだ。

なんという演奏、なんという美しい音楽。毎日でも身を浸したいこの音は何度聞いても違った美しさを見せ続ける。それはまるでのようだ。
ジャズのみならず、クラシックの方にもおすすめできます。天才キース・ジャレットのなかでも特に有名で、ジャズの歴史を買えた一枚。ぜひ一度キース・ジャレットの音楽を聞いてみてください。一生大切に出来るCDになります

k.jpgキース・ジャレットはジャズピアニストなの?

もちろんそうだ。しかしこの人はジャズだけを弾くわけではない。
同じマイルス・デイビス系のピアニストの中でも特にクラシックに力を入れていると言っていいだろう。チック・コリアのモーツァルトも、ハービーハンコックのラヴェルの協奏曲もとっても良いが、キースはバッハやショスタコ、もちろんモーツァルトもずっとずっと良い。

キースの即興はモーツァルトの協奏曲の最後にたったひとつの和音をくっつけることからはじまったらしい。
「どうしてもその音が欲しかった」と彼は言う。最初にクラシックを弾き、後にジャズピアニストになったという例は多いし、グルダみたいなジャズも弾く本格的なクラシックピアニストもいる。しかし「クラシックも弾けるジャズピアニスト」ではキースが最高だ。ウィーンの三羽烏といわれたグルダをして「ホロヴィッツより素晴らしい」と言わしめた天才だ。

k.jpgクラシックと即興の間

しかしこのアルバムはクラシックのアルバムではない。
ただしピアノソロで弾く、本格的な即興のライブを一枚にしたアルバムだ。

考えて欲しい、バッハはヘンデル(同じ1865生)とパイプオルガンで即興対決をしたと伝えられている。バロック時代には即興的にオルガンを奏でる事がよくあった。ピアノが完成したのはベートーヴェンの中期以降だから完全な即興をベートーヴェンがしたとは思えないが、ピアニストが華やかな技巧をみせるカデンツァ、または即興曲というジャンルもある。そうしたクラシカルな即興が結実した一枚がこのアルバムだと思ってみてもいい。グレン・グールドはジャズピアノを私的に弾くのを楽しみにしていたという。たしかに彼のベートーヴェンのカデンツァはびっくりするほど刺激的な音が使われていて、ひょっとしてジャズピアニストが弾いているのか?と言った思いがよぎることもある。

k.jpgグレン・グールドとキース・ジャレット

気鋭のピアニストグレン・グールド。バッハのゴールドベルク変奏曲で鮮烈なデビューを飾り、クラシックにおけるバッハのあり方を変えた。バーンスタインにも我を通すほどの個性や、ライブをドロップアウトするなどの行動で知られるグールド。彼の有名な個性に「うなり声」がある。なんとも不思議だがこれはキース・ジャレットとそっくりだ。他にもそうしたピアニストはいるのだろうが、超一流の中ではこの二人がとにかく演奏中に奇声をあげる。この「歌う」という行為が溢れてきてしまう演奏にご注聴いただきたい。

~キースの言葉より~
ぼくは演奏中に変な声を出すことで有名だけど、これは純粋に集中し、打ち込んでいるからなんだ。音楽がぼくを通してあふれ出てくる。それがあまりに強烈だから、思わず「アー、アー」と声が出てしまう。でも、それは感情的なものではない。感情的な色合いはまったく含まれていないんだ。











この旋律は後にキース自身によって監修され、楽譜となり出版もされました。発売もされています。
「即興曲」というのに相応しく、なんども聴くに耐えうる曲、万人が楽譜を見て演奏するに足る内容がその瞬間に生まれていたのです。この楽譜では当初発売を拒み続けたキースが全ての音符に目を通して監修したと言っています。彼自身はメトロノームのまったくはずれたところで演奏をしています。それらを分かった上でキース自身がこう述べているのです「この記譜法では本来の演奏の内容を正確には描写できないが(当然ほかに相応しい記譜法もないが)、レコードに記録されている音楽そのものに、可能なかぎり近付いている」


k.jpg【CD】最新版:Sleeper-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン
k.jpg【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る




【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン


Jasmine
Keith Jarrett(p) Charlie Haden(b)
1. For All We Know 2. Where Can I Go Without You 3. No Moon At All 4. One Day I'll Fly Away 5. Intro - I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life 6. Body And Soul 7. Goodbye 8. Don't Ever Leave Me
Jasmine - Keith Jarrett & Charlie Haden


k.jpgもう一度静かな夜は訪れた
メロディ・アット・ナイト・ウィズユーなどを聞きながら、毎晩思っていたこと。「こんなアルバムってほかにはもうないのかな?」。チック・コリアやハービー・ハンコックやビル・エバンスのソロピアノを聞いてもそこに答えはなかった。セロニアス・モンクはそうした気持ちに光を差してくれたけど、ほんの少しだけ土臭かった。

答えはもう一度キースがくれた。メロディ・アット・ナイト・ウィズユーから11年。しかも期待を裏切ってダブル・ベースとのデュオという形で。

最初はメロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユーが好きな人は必聴!なんて記事に騙されて聴いたんだけど。
ハマりました。静寂と、優しさをこめて、飾らずに、静かな夜を彩るのにぴったりの音楽。ただ美しく、スタンダード・バラードが響くCD。


k.jpgヴォーカリスト?チャーリー・ヘイデン
ch.jpg チャーリー・ヘイデンはキース・ジャレットより8歳年上のアメリカのベーシスト。共演しているアーティストはキース・ジャレットを始め、ハンコック、コルトレーン、パット・メセニー、オーネット・コールマンなど枚挙に暇がない。2000年にはパット・メセニーとCD『ミズーリの空高く』でグラミー賞を獲得している。
最初はなんとヴォーカリストを目指していたというミュージシャンだ。彼の歌うようなラインも納得出来る。ただ彼はポリオ(脊髄性小児麻痺)に侵され、声帯に被害をこうむり、ピッチ・コントロールに支障をきたした結果ヴォーカリストを断念する。そしてベースを手に取るわけであるが、それでグラミー賞まで行くのだからすごい!一時チャーリのベースは音程が悪いなどという批評が多かったことがあったが、全くそんなことはない。こうした経緯をわかって聴いていても全くそんな疑念はわかない。
ちなみにチャーリーはハンク・ジョーンズともデュオでSteal Away: Spirituals Hymns & Folk SongsCome Sundayといったアルバムを録音しており、ピアニストとのドラムレスのセッションが好きなようだ。



k.jpg2人の30年ぶりの再会、そして自宅のスタジオへ


www.youtube.com/watch?v=YbsrntKkLJ8


この動画では二人のセッションの様子を垣間見ることが出来ます。キースの肉声からもチャーリーとの友情、そこから生まれる愛のあふれる音楽を感じることが出来ます。この動画のRetrouvailles avecというフランス語の題名にもあるとうり、二人は30年ぶりの再開だったのです。そして二人でキースの自宅スタジオに入り、この音楽を奏でました。ジャスミンでは最後に"Don't Ever Leave Me"という名曲が奏でられますが、タイトルからして切なくなってしまいますよね。個人的には"For All We Know"もすごく好き。メロディーが美しく鳴るだけだけでなく、賛美歌みたいに、和音と共にメロディーが弾かれるのが好き。


k.jpgキース・ジャレットの願い

このアルバムはキース・ジャレット自信による詳細なライナー付きです。そこにはチャーリーとは以心伝心のような形で魔法のように共演したと。また、録音はすぐに終わったが、アルバムとして完成させるまでには3年かかったと。そして最後にはこうあります。


Call your wife or husband or lover in late at night and sit down and listen.
奥さんか夫、それか恋人を呼んで。夜遅くに、座って、聞いてください。


それは私たちの願いでもあります。キース・ジャレット、ありがとう。






k.jpg【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート
k.jpg【CD】最新版:スリーパー-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る

【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ


スティル・ライブ

キース・ジャレット・トリオ Keith Jarrett Trio
キース・ジャレット(p)ゲイリー・ピーコック(b)ジャック・ディジョネット(dr)
Disc1
1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン 2. 枯葉 3. 恋におちたとき 4.歌は君
Disc2
1. 降っても晴れても 2. レイト・ラメント 3. あなたと夜と音楽と~エクステンション 4. イントロ~いつか王子様が 5. ビリーズ・バウンス 6. クリフォードの想い出
1986年7月13日、ミュンヘンでのライブ
Recorded Live July,13,1986,At The Philharmonic Hall,In Munich,Germany
Still Live - Keith Jarrett Trio


k.jpgピアノトリオという魔法
ピアノ・トリオとは、現代では通常、ピアニスト、ダブルベースプレーヤー、ドラマーからなるグループのことを指す。ビル・エヴァンスによって完成されたその演奏形態はもっとも基本的かつ、「激戦区」といってもよいような名トリオが咲き誇る百花繚乱のバンド形態である。ピアノトリオはよく1+1+1=10から20などという言い方をする。つまり、この完成された形態でイントロ→テーマ→アドリブ→テーマ→エンディングとスタンダードを演奏していけば(キースはしないけど)、足して3を超える演奏は難しくないとまでいわれるのである。確かに一人で舞台に立って弾くことや、ビッグバンドのようになってリーダーシップが問われるような大きさのバンドの事を考えれば、一番まとまりやすい編成なのかもしれない。しかし、だからこそそのシンプルさの中に人は奇跡を求めるのだ。キース・ジャレットのピアノトリオがいったいどれだけの数値を見せてくれるのか、人や音楽の絆はただの足し算じゃない事を実感させてくれるのか、興味が尽きないのだ。


k.jpgTotal Improvisationからピアノトリオへ
70年代には「ザ・ケルン・コンサート」で空前のソロ・ピアノ・ブームを巻き起こしたキースが80年代にはこのトリオによるスタンダード・ナンバーへの取り組で再び大注目をあびることになる。1つのジャンルで大成功しても、それで飽きる事なく内からの欲求に取り組み、また新しい芸術に向かっていくキースの大芸術家たる側面がよくわかる。しかも大注目されたのは、それまでオリジナルばかりやってきたキース、完全即興やクラシックをやってきたキースが突然ピアノトリオを、しかもスタンダード・ナンバーに取り組むというのだからこれは大注目だったのだ。このアルバムは1986年7月13日、ミュンヘンでのライブ。1985年7月のパリでスタートし、87年10月のアメリカで終わるスタンダーズの長期ツアーの中間にあたる



k.jpg「いつか王子様が」と「枯葉」を聴く

-近日公開コンテンツ-










k.jpg【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート
k.jpg【CD】最新版:Sleeper-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る

【CD】最新版:スリーパー-tokyo April 16 1979

602537055708.jpg

Keith Jarrett: piano, percussion
Jan Garbarek: tenor and soprano saxophones, flute, percussion
Palle Danielsson: double-bass
Jon Christensen: drums, percussion

Disc 1 1. Personal Mountains  2. Innocence  3. So Tender
Disc 2 1. Oasis  2. Chant Of The Soil  3. Prism  4. New Dance
Sleeper - Keith Jarrett, Jan Garbarek, Palle Danielsson & Jon Christensen


k.jpg33年ぶりの最新版!79年東京での未発表音源

キース・ジャレットの最新版、European Quartet"を率いて1979年4月16日に東京・中野サンプラザで"Belonging In Concert"ツアーの一環として行ったライヴの模様を収録したお宝音源を2枚組で収録したのが本作。1979年にECMからリリースされた『Personal Mountains』もその東京公演からの音源だが、本作はその33年ぶりの続編で、ソロアルバム『Rio』以来の未発表音源を2枚組に集めた充実のアルバムとなる。



janlogo.jpg


k.jpgヤン・ガルバレクとは? 3(トリオ)から4(クワルテット)へ
ヤン・ガルバレクは、ノルウェーのジャズ・ミュージシャンの最高峰、孤高のサックス奏者である。他の誰も出し得ない透明感あふれる音色と美しいメロディを奏でることで知られ、演奏スタイルは耽美的で禁欲的と言われる。主にソプラノ、テナーサックスを使用し、フルートやパーカッションまでも演奏するのだ。
私の印象にあるヤン・ガルバレクは、ポール・ヒリヤー率いるクラシックの最高峰合唱団「ヒリヤードアンサンブル」との饗演。100万枚以上を売り上げたグレゴリオ聖歌とサックスの孤高のヒーリングミュージック『Officium』だ。ヤン・ガルバレクのスタイルはジョン・コルトレーンに影響を受けたと言われるが、超絶技巧のアドリブを繰り広げ続けるといったタイプのものではんく、むしろアドリブを極力抑え、祈るように、これ特有の神秘的な音色でメロディーをたどるといった部類の演奏である。それゆえジャズプレイヤーではないといった説明まで聞かれる。彼こそキース・ジャレットのサックス版といった、最適なパートナーなのだ。


k.jpgキース・ジャレットのクァルテットの軌跡
キース・ジャレットは『名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート』に代表されるソロ・ピアノでの活動と並行して、2つのクァルテットで活動。1つはCharlie Haden (b)、Paul Motian (ds, per)らとともにアメリカで活動した"American Quartet"。そしてもう1つが、ヨーロッパで活動した"European Quartet"。Jan Garbarek (sax)、Palle Danielsson (b)、Jon Christensen (ds)とのクアルテット。この2つのクアルテットは正反対のスタイルを持っていた。"American"は激しいテンションの演奏が多く、"European"は静謐で叙情的な演奏が中心。日本では、よりメロディアスと称されるEuropean Quartetの人気の方が高いと言われている。
ただし今回の"European"はサックス、フルートなどが散りばめられ、その音色は"American""European"が融合されたようなさらに洗練された内容になっている。


k.jpgトリオとソロの後に
このCDは音質がよく、聴いていて心地良いが、それぞれの演奏時間がとても長い。それはそうだろう、一人づつがソロをとって一曲を演奏すれば、4倍の長さになってしまう!しかしこのアルバムではそんな長い時間を感じさせないようなプレイばかりだ。
例えばディスク1の『ソーテンダー』は名盤スタンダーズVol.2の冒頭を飾った超人気ナンバー。このアルバムではヤン・ガルバレクのサックスが加わり、演奏時間も長く、さらに味わい深いものになっている。このアルバム中でも息を飲む名演だ。ソロやトリオ聴き、キースの芸術に興味を持った方。才能と才能がぶつかり合うようなジャズを感じたい方はぜひこの4人編成の"European Quartet"も聞いてみるよいいだろう。






k.jpg【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート
k.jpg【CD】最新版:Sleeper-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン
k.jpg【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。