スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キースジャレットのプロフィール



キース・ジャレットは1945年5月8日生まれのアメリカのピアニストである。ペンシルベニア州のアレンタウンで出生。
神童としてクラシックのリサイタルなどを開いたのち、バークリー音楽院に進学。1965年にアート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズのアルバム『バターコーン・レディ』でレコード・デビュー。1970年、マイルス・デイヴィスのバンドに参加。1972年頃よりプログラムの一切無い完全即興(Total Improvisation)によるピアノ・ソロ・コンサートを行うようになる。代表的な活動としてキース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットの組み合わせによるトリオなどがある。「スタンダーズ Vol.1」などのアルバムがとても有名。

活動はジャズやクラシック、コンテポラリー、ソロ、デュオ、トリオ、カルテットetc...と幅広くその作品数は100に迫っている。最新アルバムはクヮルテットによる2枚組『Sleeper-Tokyo April 16 1979
スポンサーサイト

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。