スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】最新版:スリーパー-tokyo April 16 1979

602537055708.jpg

Keith Jarrett: piano, percussion
Jan Garbarek: tenor and soprano saxophones, flute, percussion
Palle Danielsson: double-bass
Jon Christensen: drums, percussion

Disc 1 1. Personal Mountains  2. Innocence  3. So Tender
Disc 2 1. Oasis  2. Chant Of The Soil  3. Prism  4. New Dance
Sleeper - Keith Jarrett, Jan Garbarek, Palle Danielsson & Jon Christensen


k.jpg33年ぶりの最新版!79年東京での未発表音源

キース・ジャレットの最新版、European Quartet"を率いて1979年4月16日に東京・中野サンプラザで"Belonging In Concert"ツアーの一環として行ったライヴの模様を収録したお宝音源を2枚組で収録したのが本作。1979年にECMからリリースされた『Personal Mountains』もその東京公演からの音源だが、本作はその33年ぶりの続編で、ソロアルバム『Rio』以来の未発表音源を2枚組に集めた充実のアルバムとなる。



janlogo.jpg


k.jpgヤン・ガルバレクとは? 3(トリオ)から4(クワルテット)へ
ヤン・ガルバレクは、ノルウェーのジャズ・ミュージシャンの最高峰、孤高のサックス奏者である。他の誰も出し得ない透明感あふれる音色と美しいメロディを奏でることで知られ、演奏スタイルは耽美的で禁欲的と言われる。主にソプラノ、テナーサックスを使用し、フルートやパーカッションまでも演奏するのだ。
私の印象にあるヤン・ガルバレクは、ポール・ヒリヤー率いるクラシックの最高峰合唱団「ヒリヤードアンサンブル」との饗演。100万枚以上を売り上げたグレゴリオ聖歌とサックスの孤高のヒーリングミュージック『Officium』だ。ヤン・ガルバレクのスタイルはジョン・コルトレーンに影響を受けたと言われるが、超絶技巧のアドリブを繰り広げ続けるといったタイプのものではんく、むしろアドリブを極力抑え、祈るように、これ特有の神秘的な音色でメロディーをたどるといった部類の演奏である。それゆえジャズプレイヤーではないといった説明まで聞かれる。彼こそキース・ジャレットのサックス版といった、最適なパートナーなのだ。


k.jpgキース・ジャレットのクァルテットの軌跡
キース・ジャレットは『名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート』に代表されるソロ・ピアノでの活動と並行して、2つのクァルテットで活動。1つはCharlie Haden (b)、Paul Motian (ds, per)らとともにアメリカで活動した"American Quartet"。そしてもう1つが、ヨーロッパで活動した"European Quartet"。Jan Garbarek (sax)、Palle Danielsson (b)、Jon Christensen (ds)とのクアルテット。この2つのクアルテットは正反対のスタイルを持っていた。"American"は激しいテンションの演奏が多く、"European"は静謐で叙情的な演奏が中心。日本では、よりメロディアスと称されるEuropean Quartetの人気の方が高いと言われている。
ただし今回の"European"はサックス、フルートなどが散りばめられ、その音色は"American""European"が融合されたようなさらに洗練された内容になっている。


k.jpgトリオとソロの後に
このCDは音質がよく、聴いていて心地良いが、それぞれの演奏時間がとても長い。それはそうだろう、一人づつがソロをとって一曲を演奏すれば、4倍の長さになってしまう!しかしこのアルバムではそんな長い時間を感じさせないようなプレイばかりだ。
例えばディスク1の『ソーテンダー』は名盤スタンダーズVol.2の冒頭を飾った超人気ナンバー。このアルバムではヤン・ガルバレクのサックスが加わり、演奏時間も長く、さらに味わい深いものになっている。このアルバム中でも息を飲む名演だ。ソロやトリオ聴き、キースの芸術に興味を持った方。才能と才能がぶつかり合うようなジャズを感じたい方はぜひこの4人編成の"European Quartet"も聞いてみるよいいだろう。






k.jpg【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート
k.jpg【CD】最新版:Sleeper-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン
k.jpg【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://keithjarrett.blog.fc2.com/tb.php/5-98dde30c

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。