スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CD】静かな夜のジャズ2:ジャスミン


Jasmine
Keith Jarrett(p) Charlie Haden(b)
1. For All We Know 2. Where Can I Go Without You 3. No Moon At All 4. One Day I'll Fly Away 5. Intro - I'm Gonna Laugh You Right Out Of My Life 6. Body And Soul 7. Goodbye 8. Don't Ever Leave Me
Jasmine - Keith Jarrett & Charlie Haden


k.jpgもう一度静かな夜は訪れた
メロディ・アット・ナイト・ウィズユーなどを聞きながら、毎晩思っていたこと。「こんなアルバムってほかにはもうないのかな?」。チック・コリアやハービー・ハンコックやビル・エバンスのソロピアノを聞いてもそこに答えはなかった。セロニアス・モンクはそうした気持ちに光を差してくれたけど、ほんの少しだけ土臭かった。

答えはもう一度キースがくれた。メロディ・アット・ナイト・ウィズユーから11年。しかも期待を裏切ってダブル・ベースとのデュオという形で。

最初はメロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユーが好きな人は必聴!なんて記事に騙されて聴いたんだけど。
ハマりました。静寂と、優しさをこめて、飾らずに、静かな夜を彩るのにぴったりの音楽。ただ美しく、スタンダード・バラードが響くCD。


k.jpgヴォーカリスト?チャーリー・ヘイデン
ch.jpg チャーリー・ヘイデンはキース・ジャレットより8歳年上のアメリカのベーシスト。共演しているアーティストはキース・ジャレットを始め、ハンコック、コルトレーン、パット・メセニー、オーネット・コールマンなど枚挙に暇がない。2000年にはパット・メセニーとCD『ミズーリの空高く』でグラミー賞を獲得している。
最初はなんとヴォーカリストを目指していたというミュージシャンだ。彼の歌うようなラインも納得出来る。ただ彼はポリオ(脊髄性小児麻痺)に侵され、声帯に被害をこうむり、ピッチ・コントロールに支障をきたした結果ヴォーカリストを断念する。そしてベースを手に取るわけであるが、それでグラミー賞まで行くのだからすごい!一時チャーリのベースは音程が悪いなどという批評が多かったことがあったが、全くそんなことはない。こうした経緯をわかって聴いていても全くそんな疑念はわかない。
ちなみにチャーリーはハンク・ジョーンズともデュオでSteal Away: Spirituals Hymns & Folk SongsCome Sundayといったアルバムを録音しており、ピアニストとのドラムレスのセッションが好きなようだ。



k.jpg2人の30年ぶりの再会、そして自宅のスタジオへ


www.youtube.com/watch?v=YbsrntKkLJ8


この動画では二人のセッションの様子を垣間見ることが出来ます。キースの肉声からもチャーリーとの友情、そこから生まれる愛のあふれる音楽を感じることが出来ます。この動画のRetrouvailles avecというフランス語の題名にもあるとうり、二人は30年ぶりの再開だったのです。そして二人でキースの自宅スタジオに入り、この音楽を奏でました。ジャスミンでは最後に"Don't Ever Leave Me"という名曲が奏でられますが、タイトルからして切なくなってしまいますよね。個人的には"For All We Know"もすごく好き。メロディーが美しく鳴るだけだけでなく、賛美歌みたいに、和音と共にメロディーが弾かれるのが好き。


k.jpgキース・ジャレットの願い

このアルバムはキース・ジャレット自信による詳細なライナー付きです。そこにはチャーリーとは以心伝心のような形で魔法のように共演したと。また、録音はすぐに終わったが、アルバムとして完成させるまでには3年かかったと。そして最後にはこうあります。


Call your wife or husband or lover in late at night and sit down and listen.
奥さんか夫、それか恋人を呼んで。夜遅くに、座って、聞いてください。


それは私たちの願いでもあります。キース・ジャレット、ありがとう。






k.jpg【CD】名盤中の名盤:ザ・ケルン・コンサート
k.jpg【CD】最新版:スリーパー-Tokyo April 16 1979
k.jpg【CD】静かな夜のジャズ:メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー
k.jpg【CD】ピアノトリオのスタンダード:スティル・ライブ
k.jpg【書籍】もっと詳しく:キース・ジャレット インナービューズ―その内なる音楽世界を語る

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://keithjarrett.blog.fc2.com/tb.php/7-a51defc0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。